0836-62-0761 メール

2016/05/17

自然の力で回避!「蚊」を寄せ付けない方法。 2016/05/17

 

この季節がきました!

暖かくなったと同時に「蚊」の季節。

 

殺虫剤や化学薬品の虫除けスプレーを使うことが

小さなお子様のいる家庭では特にとーっても重要な問題。

 

いい風が吹いているのに窓を開けれない・・・。

 

そんな時、「自然の力」で蚊よけができたら嬉しいですよね。

 

ヨーロッパでは窓の下にプランターを設置して、

植物を植えている家をよく見かけます。

ピンクや赤。とても素敵な光景。

ぜらにうむ」」
それが「ゼラニウム」

 

このゼラニウム、見た目も鮮やかで綺麗ですが
もともとは虫除けのために植えられていたといわれています。

虫の嫌がる香りを発するゼラニウムを窓辺に置いて、
部屋への虫の侵入を防ぐと共に、室内にさわやかな香りが流れ込む効果も♪

zerzniumu

ヨーロッパの住宅には網戸やエアコンがないことが多いので必須ですね。

 

日本では、「ゼラニウム」「カレンソウ」「蚊よけ草」で売られています。

蚊の嫌がる香りといっても、人間にとってはさわやかな香りのするゼラニウムです。

 

アウトドアで活動するときハーブはとっても便利。

・ラベンダー

防虫効果でハエを寄せ付けないために服や帽子に新鮮な花をこすりつけると良いといわれています。

・ローズマリー

虫除けの効果があって、バーベキューをする際に、茎を周りに撒き散らしておくと虫が来ないとか。茎をバーベキューの串として使うと、その香りで虫が寄ってこないなんていうアイディアもあります。
手入れ方法は、日の当たる場所に置いて、土が乾いたら水をやる。

すっごく簡単でしょ?花は、通常のゼラニウムに比べると地味なのですが、きちんと切り戻せば、繰り返し咲いてくれるので、蚊除けをしながら、さわやかな香りと花を楽しめます。

 

安心・安全なナックの土で

安心・安全虫よけに効く「家庭菜園でハーブ♪」

是非、お試しください。