匠の技

ナック培養土の製造方法

製造工場だからこそ各原料の混合比率を熟知し、各原料の特性を活かしながら、他社との差別化を図るべく、製造方法を見直した結果、各原料毎に機械設備にて計量し、確実に尚且つ均等に混ぜる方法を現実化しています。

はじめに

匠の技?
当社ホームページにこの様な言葉が表示され驚かれた方も多いでしょう。
たかが培養土の製造工場が、と思われている方も多いとは思いますが、その製造工場だからこそ各原料の混合比率を熟知し、各原料の特性を生かす事が出来る。
これこそが他社との違いであり、これから説明する内容が「匠の技」のすべてだと思っております。

匠の技

他社、他製品との違いの明確化

皆さんは製造工場での培養土の製造方法はご存じですか?
通常、工場見学でもされない限り、製造工程もご理解されないかと思いますが、実際は至ってシンプルで各原料毎に容積を量った原料をショベルカーにて混ぜ込み、この混ぜた原料をホッパーに投入し、この投入された原料をコンベアにて搬送しながら袋詰めして製品化する。この方法が一般的な製造方法ですが、このやり方には当然、デメリットも存在します。
何がデメリットかって?
それは文面最初に記載しましたが、混練り方法です。
1回で1000L程度の量を10tのショベルカーにて混ぜ込むのですが、これが思ったほど均等には混ざらないのが現状なのです。
この様な製造方法だと商品にもバラツキが発生し、肥料関係など少量しか入っていない物については商品毎に入ったり入らなかったりが生じてしまいます。
皆さんもご経験がございませんか?
同じ商品を何個も購入し、プランター毎に振り分けて栽培したのに生育に差が出てしまう。
当社はこの事に着目し、他社との差別化を図るべく、製造方法を見直した結果、各原料毎に機械設備にて計量させ、確実に尚且つ、均等に混ぜる方法を現実化しました。

ショベルカー混ぜ込み
プランター

製造方法、設備について

当社の製造方法は各原料毎に配合比率に準じて機械にて計量し、混ぜ込みます。
この混練り方法が当社独自のオリジナルです。
その方法とは2つの回転数の違うラセン(回転羽)を使って混ぜ込むのです。
この混練り方法の優れている点は

等、ここではいい表せないほどの利点の多い製造設備です。
これは、当社のオリジナル設備ですが、これ程までに設備自体をアピールするのも訳があります。
それはこの機械を設計された方にあります。
この機械の設計者は日本で有名なかまぼこの製造機器メーカーの元工事部長さんです。
「世界の〇〇」と呼ばれている企業ですが、あえて社名は伏せますね。
さしてこの方が設計するにあたってのコンセプトが「商品を色鮮やか且つ均等に混ぜる」でした。
その考えのもとに設計された設備が当社の機械設備であり、他に類を見ない物であります。

製造方法、設備について
製造方法、設備について
製造方法、設備について
製造方法、設備について

品質について

各原料を単独計量し、ラセンにて強制撹拌させ均等に混ぜ込む方式で商品を製造しておりますが、商品の品質についても絶対的な自信を持っております。
各原料の投入口には金網を設置し不純物の混入を防ぐ他、磁石で金物等を取り除く設備を完備しています。
商品のクレーム≒会社の評価ダウンとの観点から日々、管理体制を強化しています。
まずは商品を手に取って見て下さい。必ずや他の商品との違いがご理解頂けるかと思います。

品質について
品質について
品質について