家庭園芸の基礎知識

家庭園芸の基礎知識

培養土とは?

培養土とは、あらかじめ数種類の用土がブレンドされ、そのまますぐに使用できる商品の事です。
赤玉土や腐葉土やバーク堆肥などを自分でブレンドするのに比べ、時間と手間が省ける、 必要な量だけ買える、あるいはブレンド作業のスペースが不要などのメリットがあり、家庭園芸では培養土が主流になりつつあります。
「肥料入り」「pH・EC調整済み」の商品や、特定の植物を対象とした専用培養土などがあります。

培養土の中身は何が入っているの?

培養土の中身の原料用土は基本的に2種類に分類されます。
1つ目は基本用土で、培養土のベースとなる土です。
配合する割合が多く、植物の根をしっかり支える為に適度な重さが必要です。
2つ目は改良用土で、基本用土に混合して通気性・排水性・保水性・保肥力を改良する用土のことで、有機質と無機質があります。

基本用土

種類 特徴
赤玉土 関東ローム層の中層にある赤土を乾燥させ粒を選別したもので、通気性・排水性・保水性・保肥力に優れ、基本用土として良く使用されます。
鹿沼土 関東ローム層の赤土の下に有り、栃木県の鹿沼地方で産出されます。有機物をほとんど含まない酸性土で、通気性・保水性に優れ、酸性を好むサツキ・ブルーベリーの用土として普及しています。
ぼら土 宮崎県都城市付近から産出される、霧島の火山砂礫です。表面が多孔質で硬質な軽石で、排水性・通気性・保水性に優れています。性質は弱酸性で、雑菌が少なく、ラン栽培・万年青・山野草用土によく利用されています。
まさ土 花崗岩が風化した土で関西以西の山などに広く分布しています。粒子が細かく、粘土質の為、通気性が悪く重いのが欠点です。
川砂 花崗岩から生じた灰白色の砂で、通気性が良いのですが保水性・保肥力は余りありません。あまり肥料を必要としないオモト・盆栽・サボテン・山野草などに使用するほか、通気性の悪い土の土壌改良材としても最適です。
桐生砂 群馬県の桐生市付近から産出される赤褐色の火山砂礫です。鉄分を多く含み、通気性と保水性に優れています。東洋ラン・盆栽・オモト・山野草などの栽培に適しています。
田土 水田の下層土や河川の蓄積土で荒木田土とも呼ばれています。粘土質の土で重く、保水性・保肥力があるので、植物がしっかり育ちますが、通気性が悪く、単体で使用すると固まるので注意が必要です。

改良用土

種類 特徴
バーク堆肥 樹皮や製材時に出てくる木くずを醗酵させ、植物に有害な成分を分解したものです。土壌改良効果と若干の肥料効果をあわせ持っています。
牛ふん堆肥 牛ふんを醗酵・乾燥させたものです。わずかに肥料分を含みますが、土壌改良の効果が大きく、微生物の働きを活発にさせ、植物の根の成長を促進します。
腐葉土 広葉樹の落ち葉を腐食したものです。通気性・保水性・保肥力に優れ、微量要素を含み、微生物を活発化して土質を良くします。
ピートモス 寒冷な湿地帯の水ゴケが堆積し、分解されて泥炭化したものです。保水性・保肥力に優れていますが、酸性が強いので苦土石灰などで中和して使用します。
ココピート ヤシ殻の繊維を細かく砕いたものです。pHが弱酸性~中性で植物の生長に最適で、乾燥していても水分を吸収しやすい特徴があります。非常に軽く、保水性に優れており、培養土に混ぜると軽量で保水性に優れた培養土になります。
もみ殻くん炭 もみ殻を炭化させてものです。通気性・保水性に優れ、保温効果もあります。但し、pHが強アルカリ性の為、用土への混入は10%が目安となります。
パーライト 真珠岩や黒曜石を高温で焼成したものです。軽量多孔質で、通気性・排水性に優れますが、保水性・保肥力はあまり有りません。土を軽くしたり、通気性・排水性を改善したい場合に培養土に混ぜて使用します。
バーミキュライト 蛭石を高温処理し、膨張させたものです。薄板が層状になったアコーディオン形状で、層の間に水分や養分を蓄えます。非常に軽量で、通気性・保水性・保肥力に富み、無菌です。
日向かる石 ぼら土を洗浄して、高温で乾かしたものです。無菌で軽量にもかかわらず強度があります。通気性・排水性に優れる事から、ラン栽培に良く使用されます。また、大粒は鉢底石としても活用されています。
ゼオライト 多孔質の天然の石で、保肥力が強いのが特徴です。多く入れすぎると肥料成分をつかまえてなかなか手放しません。施した肥料が効きにくくなるので、培養土に5%位混ぜて使用します。また、根腐れ防止の効果もあります。

pHとは?

土の酸性やアルカリ性の度合いを数値で表しています。
一般の植物が良く育つ土は、pH5.5~7.2(弱酸性~中性)です。
これより酸性またはアルカリ性では生長障害を引き起こす可能性があります。
但し、一部の植物ではこれより酸性又はアルカリ性の土を好む植物もあります。

pH 反応の区分
8.0以上 強アルカリ性
7.6~7.9 弱アルカリ性
7.3~7.5 微アルカリ性
6.6~7.2 中性
6.0~6.5 微酸性
5.5~5.9 弱酸性
5.0~5.4 明酸性
4.5~4.9 強酸性
4.4以下 ごく強酸性

ECとは?

電気伝導率ともいい、土壌中に溶けている肥料濃度を数値で表わしています。
一般的な植物には、0.2~0.7(mS/cm)程度の数値が適しています。
また、1.0(mS/cm)以上の数値があると肥料濃度が濃くなり、植物の生育障害を引き起こす可能性があります。

肥料にはどんな種類があるの?

肥料には大きく分けて、有機質を原料としたものと 無機質を原料としたもの2種類があります。

有機質肥料

油かす・骨粉・魚かす・鶏ふんなど、動植物質を原料とした肥料です。
天然物の為、一般に成分の含量は低く、土中の微生物によって分解されてから効く為、最初は穏やかにその後もゆっくりと長く効く緩効性です。
また、三要素以外にも微量要素など、さまざまな有用成分を含み、地力を高める働きがあります。

無機質肥料

尿素・過リン酸石灰・硫酸カリなど、鉱物や石油などを化学的に反応させて作った肥料で、化成肥料ともよびます。
一般的に速効性で、三要素のうち不足する成分だけを単独で与える事も出来ます。
家庭園芸では、成分が急激に溶け出さないように加工した緩効性のものが多く使われます。

肥料の三要素(窒素・リン酸・加里)とは?

窒素は一般的に「葉肥」と呼ばれています。植物が最も必要とするのは窒素で、茎や葉の生長を助け、葉を青々と繁らせ、丈夫に育てます。

リン酸は一般的に「花肥」「実肥」と呼ばれています。植物の生長に関わる栄養素で、開花や結実を促進します。また、茎葉や根の伸長も助けます。

加里は一般的に「根肥」と呼ばれています。加里が十分であれば植物は丈夫に育ちますが、不足すると病害虫の被害を受けやすく、また株が倒れやすくなります。

いろいろな石灰の違いは?

園芸で使用する石灰には、主に消石灰・苦土石灰・有機石灰の3つの種類があります。
酸性の土を中和する力が強いのは、消石灰、苦土石灰、有機石灰の順です。
消石灰を土に混ぜた場合は、植物の植え付けは2週間位空けて植え付けます。
鉢やプランターで植物を栽培する場合は、安全性が高く、混ぜ込んですぐに植え付けが出来る苦土石灰・有機石灰がおすすめです。